大田区の眼鏡店 ともの眼鏡院 手話対応・遮光レンズ取り扱い


視力測定してみましょう♪
今まで何事もなかったのに最近見づらい?
ボヤ〜ンとして挨拶された人の顔がはっきり見えない、
お月さまや星がふたつ、みっつに見える、
なんてことがありましたらまずは視力測定してみましょう。
ずっとめがねやコンタクトレンズを使い続けてきた方も見え方がイマイチ…
と思われているようであれば測りなおしてみましょうね。

見づらくなっているのに気づかないこともあれば、ガマンしていることもあるようです。
めがねやコンタクトレンズが合っていなくてガマンしたり目をほそめたりしていると
頭痛や肩こり、疲れたりイライラしたりして体調にもわるく影響したりするものです。

時間ができた、視力測定しに行ってみよう!
という気持ちになりましたら、その前日はゆっくりお休みしましょう。
早めにぐっすり眠って疲れをとっておくのです。そしてできるなら日中の明るい時間帯が
のぞましいのですが、時間にも余裕をもっていただけるとよいと思います。

5mはなれた視力表を右目、左目それぞれでみていただきレンズで視力をだしてゆきます。
そのときは目をほそめず、できるだけ大きくあいて見ていただきたいのです。
目標の視力は最終的にはお客様の一番使いやすいところへ話し合いながら決めてゆきます。
しばらくフンフン、見え方はどうかな?ためしに店内や表に出て見ていただき、
OKであれば検査は終わりです。

視力測定に特別、代金などはいただいておりません。
あまり緊張せずにリラックスして視力測定できるようにつとめております。
ちなみに店主は作務衣(さむえ)にぞうり、わたしはエプロンに下駄といったいでたちです♪
店主はお客様の情報の記録に筆ペンを使うのですよ。

http://www.aki-net.co.jp/contact_lens/class01/le1_01.html
http://acuvue.jnj.co.jp/health/a_i_r/index.htm


処方せんについて
当店でも処方せんを受けつけております。
どんなレンズをどんな距離でつかうのか、目と目の距離、コンタクトレンズなら
サイズやレンズの種類、有効期限なども指定された用紙です。
めがねの場合、目の健康診断もかねて眼科に受診してから処方せんをもとめてもよいと思います。
コンタクトレンズについては、眼科医の処方せんと定期的に検査していただくことが必要です。
処方せんなしにはお売りできないのです。

めがね
ご来店時に視力を測って見え方が良好であればご希望にあわせてレンズとフレームの選択にすすみます。
しかし目のことで不安があったり、病気をかかえていたり視力があまり思わしくないようであれば、
眼科受診をおすすめしております。
眼科医の判断でその後めがね作りとなるか、治療が必要なのかがかわってきます。
その場合はよくご相談してくださいね。

コンタクトレンズ
コンタクトレンズは処方せんが必要です。
どういう順序をたどったらよいのかわからない…という場合はご相談くださいませ。
いままで使用してきた方、調子がよくても定期検査は必ず受けてくださいね。
忙しすぎて時間がとれない、というのは、もし調子がよくない感じがあったとすると、問題を先送りしてしまうことになるのです。
コンタクトレンズの状態、目の状態、よごれ、きず、度数の変化、ドライアイなどなど。
しばらく使えない〜なんてことになる前に、ご自分の目を守れるのはご本人だけ!
目から入る情報が大半です、その目を大切にしてくださいね。

使いやすくて疲れない安全な処方をしてもらいましょう。
眼科での処方をご希望の方は時間に余裕をもって。
どういった使い方をしたいか、しているかの情報を全部伝えて。
保険証も忘れずに!
http://www.aki-net.co.jp/contact_lens/class01/le1_01.html
http://acuvue.jnj.co.jp/health/a_i_r/index.htm

TOP | 新製品情報 | オススメ商品 | 眼鏡 |コンタクト | アクセサリー | 眼鏡ケース| 店内の様子 | 視力測定 | お問合せ
ただいま加工中 | 在庫フレーム | ちょっと休憩 | 店長の相談室 | 日記 (ブログ) | スタッフ紹介 | 強度レンズの話

Copyright (C) 2006 ともの眼鏡院 All Rights Reserved.