大田区の眼鏡店 ともの眼鏡院 手話対応・遮光レンズ取り扱い


ただいま加工中
1.まだメーカーから到着したばかりの状態のレンズと、フレームです。
これからこの型に削り、合計8個の穴を開けてネジで止めるタイプのフレームに加工します。

2.レンズを型どおりに、機械で削ります。
いまは性能のよい機械にきちんと処理してもらいます。

3.レンズのふちを手仕上げできれいに磨き上げます。
ここは機械よりも滑らかにしたいがためです。輝きがちがいます。

4.穴の大きさも場所によって違うフレームです。
各穴までの位置や距離や大きさをみながら左右対称に穴をあけます。私は穴あけドリルを2種類使います。

5.開けた穴に、このフレームのメーカー特有の処理をほどこします。
ネジに透明なチューブをレンズの厚さに切りそろえたものを差し込み、火であぶります。
するとちぢこまり、最終的に開けた穴にピッタリとはまるのです。
穴を開けたところにエナメルを塗って輝きを出します。そこへネジを差し込みます。
キュッと収まりよく、ずれにくく、強度の増した加工ができるわけですね。さすがドイツ!

6.各部分を入念に調整します。
左右の水平が保たれているか、反りやゆがみがないか、瞳孔間の距離は正確か、乱視軸はきちんとしているか、見た目もバッチリか、確認します。

7.あとは余分なネジを切り、帽子ネジをかぶせて加工終了です。
そうしてまたお客様の顔にあわせて調整するのです。この作業も重要です。

TOP | 新製品情報 | オススメ商品 | 眼鏡 |コンタクト | アクセサリー | 眼鏡ケース| 店内の様子 | 視力測定 | お問合せ
ただいま加工中 | 在庫フレーム | ちょっと休憩 | 店長の相談室 | 日記 (ブログ) | スタッフ紹介 | 強度レンズの話

Copyright (C) 2006 ともの眼鏡院 All Rights Reserved.